株式会社 ハイデイ日高 常に感謝の心をもち、人間形成に務める職業訓練校 ハイデイ日高

日高屋の人々

先輩たち

フランクでアットホームな社風
フランクでアットホームな社風

2011年入社
浅草駅前店 店舗責任者
道都大学経営学部出身
趣味:サッカー

面接で感じたフランクな社風

子供の頃からプロのサッカー選手になりたい、というのが僕の夢であり、目標でした。期限は2年間と決め、就職せずにクラブチームに所属し、とことんトライし続けたのですが、思うような結果が出せずプロの道を断念。新たな道に進むために就職活動を始めたところ、人材紹介会社の人から当社を勧められて応募しました。

それまでスポーツ店や飲食店でアルバイトしたことがあって、人と関わる仕事は好きでしたから、自分の中ではとても自然な流れで“受けてみたい”と思えたんです。

緊張しないようにと思っても緊張してしまうのが面接ですが、サッカーの話で盛り上がり、気がついたら面接が終わっていたという感じでした。今でも楽しい思い出ですね。

このフランクさは社風といってもいいかもしれません。ほとんどの会社では、会長や社長と直接話したことがあまりない社員が多いと思いますが、当社の場合、会長や社長が自ら、社員に気軽に声をかけて、いろいろな話をしてくれるんです。とてもアットホームな会社です。

スタートは遅くてもやる気さえあれば大丈夫

人より2年遅れてスタートしたので、1日でも早く仕事ができるようになりたいという思いは強かったですね。自分のやりたいことをとことん追求できたので、後悔はまったくありませんが、負けず嫌いなところがあるので、遅れた分を取り戻していきたい、少しでも先に行きたいという気持ちで仕事をしていました。

店長は、そんな思いをわかってくれていたのか、早く僕が店長になれるようにと、店舗の運営業務に関わるいろいろな仕事を任せてくれたんです。責任は重大でしたが、本当にうれしかったですね。お陰で今では、責任者として浅草駅前店を任せてもらえるようになりました。

まだまだステップアップして、もっと自分を成長させたいという思いと、店長が僕にしてくれたように、今度は自分が未来の店長を育成していくことが、今の自分の使命だと思っています。

ほめられるのは苦手だけど、やっぱりうれしい

当社の面白いところは、良いところはほめてくれて、悪いところはちゃんと指摘してくれることです。
ところがずっと体育会系で、ほめられたことがほとんどない厳しい環境にいたので、実はほめられるのがすごく苦手なんです(笑)。本当にそうなのかなと、ちょっと疑ってしまったり、有頂天になっちゃいけないと自分を戒めたり。

地区長から、よく「スピードがある」とほめられた時も、何だかむずがゆい感じでした。でも、心の底ではやっぱりうれしかったですね。
今の目標は、1年後に店長業務試験を受けて合格すること。その先の目標はまだ明確なイメージはありませんが、歩をゆるめることなく着実にステップアップしていきたいと思っています。


【1日のスケジュール】
・10:00:起床
・11:00:出社
 
 ランチピークスタート
 お店に入ったら、まずキッチンに入ります。

・14:00~15:00:休憩

みんなが休憩を終えてから1時間~2時間ぐらい休憩を取ります。
休憩中に、書類整理など事務的な仕事を片付けます。

・17:00:ディナーがスタート。
 休憩を終えたら、キッチンに入ります。

・23:00:退社
・24:00:帰宅
・25:00:就寝

【休日】
・12:00:起床

ぶらっと洋服を買いに行ったり、家でのんびり過ごしたりしています。

・18:00:サッカーの練習や試合に出る。
 サッカーがない時は、友達と飲みに行くことが多いですね。

  1. 先輩たち
  2. 店長として
ページトップへ