株式会社 ハイデイ日高 常に感謝の心をもち、人間形成に務める職業訓練校 ハイデイ日高

日高屋の人々

先輩たち

自分のがんばり次第でチャンスは誰にでも与えられる
自分のがんばり次第で
チャンスは誰にでも与えられる

2011年入社
立川南口駅前店 店長
日本体育大学体育学部出身
趣味:育児

経歴や経験を問わず人間性をみてくれる会社

フリーのスポーツインストラクターとして、幼稚園の体操教師やスポーツジムのトレーナー、専門学校の体育の講師、高齢者・障害者への運動指導など、多方面で仕事をしてきました。しかし、結婚が決まったことを機に、家族を養っていくなら、やはり収入面で安定することが大切と考え、36歳の時に転職を決断しました。

今までのキャリアが活かせると思った体育業界が思いのほか苦戦し、意外なことに、飲食店での経験がまったくないにもかかわらず、当社での採用が決まったんです。

昔からラーメンが大好きだったので、中華量店やラーメン店などで働きたいと思ったのが志望動機でしたが、36歳で経験もなく、異業種からの転職は、そうそう簡単なものではありません。今でも当社だから採用してもらえたと思っています。経験やキャリアを重視するよりも、人間性をみてくれる、そんな会社だと思います。

たった3年で前職の収入を超えた

家族を養う。そのために就職を決意したわけですから、少しでも早く昇級するために、入社早々、SMDPという研修プログラムにトライし始めました。週休2日のうちの1日は勉強に当てようと、休みの日も店に行きました。

できないところは店長がマンツーマンで教えてくれますが、店長がどうやって仕事をしているのか、どうしてもじっくりと見学させてもらえる時間が欲しかったんです。
「休みはちゃんと休んでください」。私の体を気遣ってくれる店長に、かえって心配をかけてしまったことは今でも申し訳ないと思っています。しかし、店長の仕事を見せてもらっている内に、どうすればスピードが上がるのか、どうすれば料理のクオリティが上がるのか、いろいろと気づくことができました。

お陰で、1年2か月で店長試験に合格。入社してたった3年で、前職よりも年収がアップしました。もちろん昇級するための努力は惜しみませんでしたが、がんばったらちゃんと評価して、チャンスを与えてくれる会社だからこそ、ここまで成長することができたんだと思います。

仕事を通して人間的にも成長できる

どんな人が働いているのかは、実際に会社に入ってみなければわからなものです。ですが、会社説明会や面接などで聞いた「一緒に働く社員は家族」「人を大事にする」という会長や社長の考えは、自分がイメージした以上に社内に浸透していました。良き仲間、後輩、上司、トップ、周りには人間的にも素晴らしい人たちが多く、改めてこの会社で働ける喜びを感じています。

近い目標は、地区内の店舗をまとめていくマネージャーに早くなりたいと思っています。将来は地区長、部長など、さらに上を目指していきたいですね。教育に興味があるので、仕事を通して人間性を育てていけるような仕事がしてみたいです。

【1日のスケジュール】
・07:00~08:00:起床
・09:00:家を出る
・10:00:出社
 12時から22時までがメインシフトだが、
 最低でも1時間ぐらい前には出社。
 業務日誌をつけたり、掃除をしたり。
 時にはお店の気になるところを修理することも。

・11:00:オープン
 立ち上げはスタッフにまかせている。

・11:30:お店に入る ランチピーク
 キッチンとホールと半々ぐらい。
 最初はキッチン中心でやっていたが、
 今はスタッフが育ってきたので、
 キッチンは任せて自分はホールに出て接客をすることもある。

・14:00:ランチ終了
 この間に1時間から2時間ぐらい休憩を取る。
 食事をしたり、書類整理をしたりして過ごす。

・17:00:休憩終了
 ディナーの仕込み

・18:00:ディナーピーク
 キッチンで調理をするか、またはホールで接客

・21:00:ディナー終了
・22:00:退社
 *土日は9時→18時 9時→22時勤務。

【休日】
・07:00~08:00:起床
 休日は家族と過ごすことが一番の楽しみ。
 午前中は子供がスポーツクラブに通っているので、
 一緒に行って見学しています。
 その他は買い物や、散歩などして過ごしています。

  1. 先輩たち
  2. 店長として
ページトップへ