株式会社 ハイデイ日高 常に感謝の心をもち、人間形成に務める職業訓練校 ハイデイ日高

日高屋の人々

先輩たち

焦りもプレッシャーもがんばる原動力に
焦りもプレッシャーもがんばる原動力に

2011年入社
日吉西口店 店舗責任者
日本大学文理学部出身
趣味:サッカー・インドアなこと(アニメ・ゲームなど)

本命に落ちて、仕事に対する思いが変わった

たまたま友人のつき合いで行った人材紹介会社で、担当者の方が当社をすすめてくれたのが志望のきっかけでした。当時、就職氷河期のまっただ中でなかなか内定が決まらず、期待していた本命の会社にも最終選考で落ちてしまい、これから先どうしたらいいか模索していたところでした。

何がやりたいのか、どんな仕事をしたいのか。業種や職種に対するこだわりや、やりたいことへの思いが打ち砕かれた矢先で、とにかく“バリバリ働きたい”という思いだけでした。
担当者の方が「最初は忙しくて大変だろうけど、君のやる気は日高屋に向いているんじゃないか」と進めてくれたのには、大学でサッカー部に所属していたことや、飲食店でのアルバイト経験などから、デスクワークよりも店舗で忙しく働くほうが向いていると判断されたのだと思います。

いろいろ説明を聞く中で次第に興味が湧き、「やった分だけ、正当に評価してくれる会社」、「収入も良く、安定感のある会社」という点はとくに印象深く、社員のことを大切に考えてくれるこの会社で働いてみたいという思いが脹らんでいきました。

大切なのは自分で考える力を身につけること

入社したばかりの時は、飲食店でのアルバイト経験はありましたが、鍋をふったこともなければ、スピードを求められたわけでもなかったので、やり方がまったくわからず、とまどうばかりでした。

フレンド社員(アルバイト・パートさん)たちが忙しそうに立ち回っている中で、社員なのに何もできない。そんな中、店長は私のことをずっと長期戦で見守ってくれていました。

例えば、早くしなければと焦るあまり盛りつけが雑になってしまった私に、店長は答えをすぐには言わず、「もしお客様で来た時に、この盛りつけで料理を出されたらどう思う?」と。

やり方やコツは何でも教えてくれます。それは私が知らないから。でも何がダメで、どこが違っていたのかは自分で考えさせるんです。

店長と出会ったことで、仕事だけでなく社会人としてもすごく勉強になりました。

任せてもらえる喜びはひとしお

入社2年目に責任者になった時は、自分がやってきたことを評価してもらえたことや、任せてもらえるうれしさで、喜びもひとしおでした。
責任者として町田北口店、元住吉駅前店、そして今の日吉西口店と3店舗目ですが、各店のフレンド社員の人たちとの交流は今でも続いて「中濱さんのお陰で俺は変わった、私は変わった」とか、「責任者として来てくれて本当にうれしい」なんて言われた時は、さすがにうれしかったですね。

9時5時の仕事ではないので、今は家庭を持ちながら働くのは難しいというのが当社の現状ですが、女性が結婚して子供が生まれても、安心して働ける環境作りに少しでも関わっていけたらいいなと思っています。


【1日のスケジュールー昼シフトの場合】
・9:00~10:00:起床
・11:30:出社

 ランチピーク

ランチのピークが始まっているので、入店したらすぐにキッチンに入ることが多いですね。

・14:00:ランチピーク終了

アルバイトやパートの人たちに順番に休憩に入ってもらった後で、3時から夕方5時ぐらいまで休憩に入ります。
休憩時は、書類整理をして、食事をし、時間があれば仮眠を取ったりしています。

・17:00:ディナーピークスタート

スタッフやお客様の状況により、キッチンに入るかホールに出るかを決めます。

・19:00:ディナーピーク終了
     書類整理

・23:00:退社
・24:00;帰宅
・26:00;就寝

【休日】
・12:00:起床
お休みの時は、お昼ぐらいまで寝て、午後から行動します。
遊びに行く時は、一緒に行く相手にもよりますけれど、
彼氏とデートをしたり、お母さんと買い物に行ったり、友達とカラオケに行ったり。
ひたすら遊んでいますね。
一日寝ていることもあるんですけれど、基本的に出歩きたいタイプです。

・20:00~21:00:帰宅
撮り溜めていたアニメを見たり、ゲームをしたり、好きなことをして過ごします。
・24:00:就寝

  1. 先輩たち
  2. 店長として
TOPへ戻る